お知らせ

投稿日時:2009.03.24 (火)  13:00:44カテゴリ:未分類(32)

 


コメント (0)

 

3月12日 城陽市寺田コミセン

投稿日時:2009.03.18 (水)  08:00:35カテゴリ:未分類(32)

 

色づく山
左馬付近公園


2月13日作陶の作品に釉薬掛けです
焼き上がりを頭に描きながら城陽の芸術家20名が思い思いの手法で釉薬掛を楽しみました
3月15日に窯出しです、果たして出来具合は!!
















コメント (0)

 

次の一歩

投稿日時:2008.07.22 (火)  10:40:12カテゴリ:未分類(32)

 

陶芸工房山吹
会員数 日曜・月曜教室を
あわせて約50名にてオリジナル作品を‘わいわいがやがや’
仲良く作陶しています

井手町神野40−2  木田 和代


 

コメント (0)

 

今週の花は?

投稿日時:2008.07.01 (火)  14:11:05カテゴリ:未分類(32)

 

さて (・・?
月下美人?  

コメント (0)

 

文化祭

投稿日時:2007.11.13 (火)  19:16:40カテゴリ:未分類(32)

 

水墨教室も参加
発足以来約3年、今年の出来映えは一段と腕が上り見事な作品が並びました










コメント (1)

 

文化祭

投稿日時:2007.11.06 (火)  18:48:28カテゴリ:未分類(32)

 

11月3日〜4日の井手町文化祭に陶芸サークルも参加、
大勢の人々で賑い町長も会場を廻って皆の労をねぎらって居られました。











当日、素焼した皿に絵付けを希望者にしていただきました
焼き上げまで無料サービスです。




コメント (0)

 

最大イベント・文化祭

投稿日時:2007.10.30 (火)  12:48:49カテゴリ:未分類(32)

 

今週末は井手町最大のイベント、文化祭です
陶芸サークルも全員で参加します。
来週から2週にわたり参加者のユニークな作品を紹介します。

コメント (0)

 

干支作りサポート

投稿日時:2007.10.02 (火)  13:42:10カテゴリ:未分類(32)

 

9月29日
城陽市寺田コミセンで来年の干支「子(ねずみ)」作りに挑戦
サークルから6人が出てサポートしました。




コメント (0)

 

立派な「はにわ」が出来ました

投稿日時:2007.08.21 (火)  20:17:21カテゴリ:未分類(32)

 




7月28日(土)京都府山城資料館が募集した山城地方の子供33人に依る
「はにわ」造りがありました
陶芸サークルからも9人がお手伝いしました
8月18日(土)乾燥した「はにわ」の窯入れが20人の子供達が参加して
椿坂の活動棟でありました
土中から掘り出したような立派な「はにわ」の数々を紹介します。














コメント (0)

 

リカルダ・ルライさんへ

投稿日時:2007.07.09 (月)  21:22:09カテゴリ:未分類(32)

 

信楽の穴窯の項に貴方のコメントを見つけてとっても嬉しかったです
ここにサークルの皆さんのメッセージを載せます、

 リカルダさんの思い出    森田 義春
日本人よりも日本人らしいドイツ人 変な表現ですが人格に優れ 豊富な知識を持った立派な淑女 特に日本の茶道に興味を持ち私達の陶芸工房に入会されてから茶陶、それも江戸時代の織部等の道具を次々に製作 いづれは母国ドイツで茶室もと夢を持ち又その夢を実現する実行力の持ち主です、現在ご夫婦でシリヤでご活躍ですが再度の来日をお待ちしています。


 リカルダさんへ        古川 平二
『この海に、国さまざまあれど、戦うことなかれ』
リカルダさん、主人と共に国際平和のためがんばって下さい。


 隣のテーブルでした     下村 貞夫
シリアでの生活は如何ですか、
もう落ち着かれましたか
私達「陶芸工房・山吹会」も相変わらず作品制作に励んでいます。
約2年間程度のお付き合いでしたが貴方の作品はやはりお国柄と言うか我々とは少し趣が違って大変興味深いものでした。1日研修や信楽穴窯体験、10周年記念展など、今となっては楽しい思い出ですね。
7月に入り京都は夏越の祓えが終わり最大のクライマックス「祇園祭」一色です
インターネットで再会できるとは嬉しい限りです
井手町から輪が広がり益々世界が身近になったと感じています。
お元気で、そしてまた「陶芸」に精を出してください。


 リカルダ・ルライ様へ     河野 拙也
お元気ですか?
テレビでシリアの事が映る度、貴方の事が心配です。
気をつけて元気に過ごしてください。


 リカルダさんへ        高岡 順子
こんにちは〜懐かしいです、
私は宮本さんの横の席でいつも休んでばかりで一番下手な者ですが最後にお目にかかれなかったのが心残りです。
この様に又そちらの様子を楽しみにしております、色々な新しい情報お知らせ下さい。
私も頑張ります。


 リカルダさんへ         宮本 紀子
リカルダさんその後お元気でお過ごしでしょうか
陶芸サークルのメンバーは皆かわらず元気でがんばっていますよ、はがきを出しましたが届きましたか、
いただいた沈丁花も元気に育っています、ガラスの器を見ては思い出しています、お体気をつけて又日本へ、井手町へ来て下さる日を楽しみにしています。


 リカルダさんへ         阪田 和美
リカルダさんがシリアに向かわれて早や3ヶ月になります。
陶芸工房山吹のメンバーも陶芸に励んでいます、
リカルダさんも作陶されていますか?!
機会があればインターネットで見せてくださいね。


 リカルダさんへ         木田 和代
ルライさんお元気な様子で何よりです
いつまでもサークルの事を忘れずにいて下さり嬉しく思います。
信楽穴窯にルライさんは参加できず少し残念でしたね
お知り合いの先生での出来映えはどうでしたか?
今年の私の作品を見ていただいたでしょうか?
欲張りの結果 松釉 焦げ 火色が出てビックリです、
これからも又お便りします。


 リカルダさんへ         岩田 たかし
リカルダさんお元気そうで何よりです
にこやかな貴方の笑顔がなつかしいです
いつまでも土ひねりの仲間のことを思い出していただき大変嬉しいです
いつか又日本に帰り椿坂に顔を見せてください。


 リカルダさんへ         赤山 一男
陶芸の皆も元気で陶作にガンバッテいます。
体に気をつけて


 リカルダさんへ         八木 吉子
梅雨晴れの一時 月曜教室にいつものメンバーが元気にがんばっています、陶芸教室の前の植え込みに森田先生の丹精のこもった’かんぞ‘の花が10数本鮮やかにカーキ色に咲き涼風にたなびいています、
リカルダさんの水指しやお皿等一生懸命に陶作されている姿が目に浮かびます
お体に気をつけられ機会あれば日本に(椿坂)遊びに来てください、お待ちしております。

コメント (0)